スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛くなったら来ます

2010.12.30.10:07

当院に来られる方の9割は、『慢性症状』です。
「慢性症状は、生活習慣のつけみたいなものです。
そのため、普段の生活の中に原因があるため、施術を受けたから安心、すべて楽になるのではないのです。」と私は、いつもこのように患者さんにお話しています。

みなさんは、雨が降りそうだとしたら、傘を準備しませんか?
車を運転するのであれば、保険に入りませんか?
老後に備えて、様々な備えをしませんか?

起こることが予想される、必ずくるのではないか?と思えば、人間はそれに備えることができるはずですね。
そこで、肩こりの方は凝らないように準備してはどうでしょう?
何年も腰痛であれば、悪化しないように準備してはどうでしょう?
事が起きる前に備えがあれば、心配はいらないし、起こってから悩む必要はないのではないでしょうか?

当院では、「症状が軽減しても治ったわけではなく、今、痛みやこりを感じてないだけなのですよ。」とお話しています。
そのために定期的なメンテナンスをすすめています。
準備をしておくのです。
メンテナンスされている方は、症状が軽減する、悪化しない、症状に自覚がないなどの変化が現れています。
辛い時だけ整体を受ければいいという考えもありますが、私は何事も備えが大切ではないかと考えています。

スポンサーサイト

(手稲 腰痛)とどめの一撃で悪化!

2010.12.27.10:52

30代の女性が腰痛、首・肩こりで来院されました。
腰の調子が悪かったうえに、腰に子供さんの一人がぶつかってきて悪化したようで、長い時間、立ったり、座ったりすると腰がつらかったそうです。

見てすぐわかるくらいに、その方の腰がかなり右に曲がって、背中、肩甲骨のゆがみもありました。
「早く良くなりたい」ということで、間隔を開けずに来院してもらいました。

3回目の施術後には、からだのゆがみは、ほぼ解消し、首、肩コリ、腰のすべてが軽く、楽になったと喜ばれていました。

育児中で小さなお子さんを、よく右腰にのせて抱っこすることが多いらしく、そのために腰が右に曲がってきたのです。不安定な腰に強い衝撃が加わり、からだが身を守ろうと、腰や背中の筋肉が硬くなってしてまい、動いた時に強い腰の痛みになったのです。

これで年末のそうじや片付けが、安心してできると思います。
来年まで持ち越さなくてよかったですね。

治療法を間違えると恐ろしい腰痛 その③

2010.12.23.10:17

続きです。

 引っ越しなどでたんすのような重い荷物を持って腰を痛めてしまうこともあるだろう。
そのような場合は、二、三日の安静で治るかもしれない。
しかし、いわゆるぎっくり腰も、それまで徐々に筋力が低下していたために、むりな姿勢や重い荷物をもったことをきっかけとして起こることが多い。低下した筋力は安静にしていても回復しないのは当然である。

 腰の痛みに耐えかねて病院を訪れると、多くの場合、レントゲン写真を撮られて、「ここに変形があるから、痛みが出ているのですよ」と説明される。写真を見ると確かに変形があるから、患者は衝撃を受けてガックリしてします。これほど悪かったのかと落ち込んでしまし、あきらめムードになる。

 しかし、そうではないのだ。年をとれば、誰でも大抵変形が出ているものなのである。みんなあちこちの骨が変形したりつぶれたりしながら、知らないうちにそこがまた自然に修復されて、不都合なく日常生活を送っているのである。

 だから腰痛も、関節を動かすなどして血流を増やし、組織を修復すれば、ゆがんだなりのいい形で治るのである。お年寄りには、猫背になったり腰が曲がっていたり、いろんな体形の方がいるけれど、それなりに健康に暮らしている。

組織修復はX線照射で見ただけでは分からない。
                               
安保徹 著「こうすれば病気は治る」より

足元にご用心

2010.12.21.11:24

こんにちは。スタッフの清野です。
雪がたんまり積もったと思ったら、いきなり溶けて春?と思うほど気温が上がっていますね。
足元がグチャグチャになったり、冷えてツルツルのガタガタになって、歩くのも、また運転する方も、大変ですよね。
冬になると靴が変わるので、足が疲れやすくなります。
そして、路面状況が悪いと、さらに負担がかかります。
足は5本の指と足裏の筋肉を使い、踏ん張ります。足の甲の筋肉やスネやふくらはぎももちろん使って歩きます。
冬道は、うまく蹴って歩けないので、疲れやすく、太ももが疲れ、お尻から腰の筋肉にまでその疲れは蓄積します。
運転する方は、冬道になると、ハンドルをとられないようにと、無意識にいつもより強く握っていることが多いので、腕についている背中の筋肉(広背筋)が緊張します。広背筋は骨盤にも付着しているので、腰痛の一因になります。

歩く方も、運転をする方も、冬になってから腰がだるいな~と感じたら、疲れのサインです。早めにバランスを整えに来てくださいね♪

治療法を間違えると恐ろしい腰痛 つづき②

2010.12.20.10:55

前回の続きです。
 
 腰痛と、椎間板ヘルニアと、腰椎すべり症は、同じメカニズムで起こる。
筋肉疲労で血流が悪くなって腰痛が起こり、血流の途絶えが持続すると、組織が壊れて、椎間板の弾力性が失われ、その周りの骨が破壊され、いろいろな変形が起こるのである。
骨の変形と椎間板の突出が起こっているところに、さらに体重がかかって、椎骨がずれるのが腰椎すべり症である。診断名はいろいろと違っていても、原因はすべて血流障害による組織破壊なのである。 これらを治すには、血流を増やすしか方法はない。
血流が増えれば、組織はその時点から修復されはじめるから、いずれは痛みもとれてくる。腰痛やヘルニアなどの痛みを、神経の圧迫という概念ばかりで捉えるから、痛みをとるために消炎鎮痛剤を処方したり、あるいは圧迫を取るためにけん引したりする。
しかし、この治療法で治った例はほとんどないのである。つまり、血流を増やさなければ、筋肉疲労も治らないし、組織障害も治らない。腰痛ほど間違った方法が蔓延している医療はないと思う。
 
 では、どうすればよいか。
まず、消炎鎮痛剤をやめる。コルセットを外す。そして、動かせる範囲からでよいので、少しずつ体を動かして血流を増やす。運動を続けているうちに、だんだん動かせる範囲も広がってくるから、筋力もついてくる。
きちんと続ければ、大体三週間でどんな難治性の腰痛でも治癒できる。
 五年、十年と治らなかった腰痛が、この方法を実行すれば、長くて一カ月で治っているのだ。

つづく

治療法を間違えると恐ろしい腰痛  ありがち編

2010.12.14.16:56

今盛んに免疫学が取りあげれ、書店でも多くの関連本が人気を集めていますね。
そこで、私が4~5年前から参考にしている、免疫学の安保徹先生著「こうすれば病気は治る」より抜粋します。

 腰痛を訴える人は非常に多い。そして、腰痛は病院に通っても治ったためしがないと言われるほど厄介な病気である。
 では、なぜ病院に行っても治らないのか。答えは明快である。腰痛には、必ずといっていいほど痛み止めが処方されている。だから治らないのだ。

 腰痛が治らない原因はもう一つある。コルセットである。治療の最初からコルセットを作ることはあまりないと思うが、なかなか治らないと、患者は焦るだろうし、どうにかしてほしいと懇願された医者は、なんとかしなければいけないと思って、コルセットを作る。痛み止めを処方して、その上にコルセットである。この二点セットをやれば、腰痛はひたすら悪化する。

 それはなぜかというと、腰痛が起こる原因と結果の認識が、完全に逆転しているからなのだ。
腰痛は、筋力低下による筋肉疲労で起こることが多い。筋肉疲労のときには、老廃物質が出て血管が閉じるので、血流が悪くなっている。
 その後、体を休めたときに血流障害が回復して、血流が増えて痛みが出てくる。つまり、腰痛自体は、筋肉疲労を治癒するための血流回復反射なのである。

 しかし、現在の治療では、せっかく体が回復しようとしているのに、消炎鎮痛剤は湿布薬にも使われている。
薬で血流を止め、その上にコルセットで身動きできないようにするわけだから、さらに血流は悪化する。二つの治療法によってダブルで血流を止めているのだから、筋力はさらに低下していく。腰痛はますます悪化するわけである。

・・・・・・つづく

腰痛だから筋肉を鍛える?

2010.12.13.16:14

最近は、気軽に運動できる施設が多くなり、運動不足を解消するには便利になりましたね。
当院にも、利用されている方が少なくありません。
弱っている筋肉を鍛える、運動不足解消、ストレス解消、リハビリのために。
とそれぞれ目的があるようですね。
若い方から中高年の方まで幅広く人気がありますね。

しかし、中には誤った運動のために体に負担をかけている方もいます。
例えば、「腰痛だから筋肉を鍛える」という方がいたとします。
腹筋、背筋を鍛えればそれで腰痛が解消されるのでしょうか?
何が腰痛の原因なのでしょう。筋肉の問題なのか?関節?椎間板?
多くは日常生活に原因があります。
疲れた筋肉にトレーニングでさらに無理させて、痛みを悪化させていませんか。

あなたは日常生活の中でどんな動き、姿勢が多いのでしょうか?

体にとってどの姿勢が良くて、どの姿勢が悪いというより、同じ姿勢を長い時間続けていることがよくありません。
気になること、聞いてみたいことがあれば、ぜひご連絡ください。
きっと、あなたにとってふさわしいアドバイスができると思います。

以前より肩こりがします

2010.12.09.09:49

「以前は腰痛が辛かったけど、今は肩のほうが辛い」と30代の男性が来院されました。

「少し前に、マッサージに行ったんだけど、そこでは『肩より腰の方が張っている』と言われたのですが、でも肩の方がこっていると感じるのです」

そのような場合、多くは姿勢に問題があります。

その方の姿勢は、かなり猫背になっていて背中が丸くなっていました。
猫背になっていると、頭が前方に移動するため、頭を支える首の筋肉が疲労し肩こりを感じやすくなります。

触れてみると、肩の筋肉より、首の前後の筋肉が硬くなっていました。
施術を終えると、背中の丸みが施術前より解消されました。
その場では、それほど肩が楽だとは自覚はなかったようでしたが、
1週間後に来院された時、「忙しかったのですが、肩こりを感じなかったんですよ」と喜んでいらっしゃいました。

回復しない疲労がコリになる

2010.12.06.11:39

筋肉に負担がかかれば、疲れてきます。
筋肉疲労が回復すれば、筋肉は柔軟性を取り戻し、コリがでることはありません。

筋肉疲労とは、筋肉の組織に乳酸が溜まってくる状態です。
筋肉は15分位引っ張られた状態でいると、その間、酸素が十分でない状態でブドウ糖が使われます。
筋肉内に酸素が十分な状態ではブドウ糖は、水と二酸化炭素に分解されますが、酸素が不十分な状態では乳酸になるのです。
ただ、その筋肉を緩めた状態でおいてやると、酸素と栄養が入ってきてすぐにリフレッシュします。
筋肉が元の元気な状態に戻るのです。
ところが、筋肉に緩む時間がなくずっと緊張したままだと、回復することがなく、筋肉は柔軟性を失い、伸び縮みをしなくなってしまいます。それが「コリ」と呼ばれる状態です。

口が開けられない

2010.12.04.11:30

こんにちは。スタッフの清野です。アニョハセヨ..._φ(゚∀゚ )アヒャ

顎が痛くて、口が開けられないという女性の方が来院されました。

かなり前から顎関節症で、肩も凝って、首も痛いとのことでした。(ノω・、) ウゥ・・・

顎は、毎日話したり、食べたりすることで開閉することが多い場所ですね。
体のゆがみがあると、片方で噛んでしまってり、頬杖や重い物を持ったり、パソコンなどでずっと画面を見続けていると無意識に噛みしめてしまうことがあったり、体の影響を受けやすい場所なのです。

体のゆがみを整え、首や肩、腕などの筋肉をゆるめ、顔や頭の筋肉は、軽く撫でてゆるめます。
施術が終わって、「口が開けられる。これでご飯が食べられる」と、とても嬉しそうでした。私も彼女の笑顔にとても嬉しかったです。( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ヨカッタネ♪

この方は、小さなお子さんがいるため、一緒に遊んだりするときは、左下の横座り。両手をあけておくために買い物袋は、左肩。と、左をよく使っていたことがお話の中でわかりました。ご本人は、毎日の生活の中のことなので、そんなに気にしないことです。きっと皆さんも同じでしょう。

半年に一回は、歯科検診を勧められていませんか?いつまでも自分の歯で噛めることが体にとって大切なことだからです。
でも、半年に一回の検診は、毎日の歯磨きがあってこそですよね。
体はどうですか?一日頑張った体のために、ゆっくりお風呂に入り、睡眠を取っていますか?寝返りうてていますか?
プロフィール

長岡 一見

Author:長岡 一見
出身地:山口県岩国市玖珂町 
昭和43年9月生まれ
北海道江別市在住 
趣味:山登り、釣り、読書、昭和を感じるモノ
 
子供の頃から生き物を飼う、育てることが好き。将来は動物と関わりのある仕事に就きたく酪農学園大学に入学を決める

西山製麺会社を9年勤めて退職
自分の腰痛が整体で良くなったのをきっかけにこの道を選ぶ 
日本カイロプラクティックドクター専門学院卒業
在学中に札幌市手稲区内の治療院に就職
2005年手稲区にカイロプラクティック治療院のクローバーハウスを開業
2010年回復整体の先生の本に出会う
『これだ!!自分の探していた療術!』
と直感的に感じ、
2010年春『日本回復整体総合学院に入学
非常にソフトな施術で短時間なのに、即効性あり、
今まで通って来ていた患者さんからも高評価を得る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。