スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年来の腰痛が気にならなくなった

2010.09.30.13:38

もう20年近く腰が痛くて、「腰を気にしないで生活したい」と願って女性Yさんが回復整体を受けはじめました。病院の検査では、脊椎分離、すべり症と診断されたそうです。
長期間どこか患っていると、この痛みから解放されるのはもう無理なのかとあきらめている方が多いです。
Yさんもそんな一人だったのです。
朝起きてから、寝るまで常に腰を気にしながらの生活は大変つらかったことでしょう。
しかも、人生の半分近くつらい腰痛と付き合ってきたのです。
人には一言では言い表せない苦労があったと思います。
このような方は、たとえ1日でも全く気にしなくてもよい時間があるだけだも、本当にうれしいものです。
腰痛に限らず、肩こり、膝痛、頭痛など日常的にこのように我慢して日々生活を送られている方は多いと思います。
私はそんな患者さんに出会うと「自分の治療院に来てもらったからには、絶対にこの苦しみから解放してあげたい」と思います。患者さんがあきらめない限り、自分も絶対あきらめない覚悟で日々施術しています。

Yさんは週に2回からはじめ、腰の痛みがあまり気にならなくなった頃に週1回、ほとんど痛みなしの今では10日に1回の施術を受けるほどに回復しました。
今では本人も家族の方も大変喜んでいらっしゃいます。

もし、Yさんが回復法に会うことなく腰痛をかかえて過ごしていたらと思うと、回復して本当によかったと感じます。
Yさんのかたい決意とあきらめないで今度こそ治したい!という気持ちがここまでの回復につながったのだと思います。
スポンサーサイト

良くなってくると忘れてた

2010.09.27.13:55

Sさんは腰痛とからだのゆがみを改善したいということで、当院に通われはじめました。
「腰はヘルニアの手術をしたけれど、腰痛がスッキリ取れた感じはない。」
友人にからだが曲がってると言われたことも気にされていました。

長い間の痛みからか、姿勢が悪くなってしまい、まっすぐに歩いているつもりでも、斜めに歩いたり、まっすぐに立っているつもりが、傾いて立っているような状態でした。

受け始めた当初のような、改善したスッキリ感を感じなくなって不安なSさん。
でも、それは悪い状態からいい状態に向かう時は、すごく敏感に感じるものです。例えば、38度の高熱から37・5度に下がった感じと、37.5度から37度に下がるのとでは、楽になった感覚は違いますよね。
少し楽になると辛かった時のことを忘れてしまうものです。腰痛がつらかったSさんは今、背中が気になっています。一番気になっていたところが楽になると、他に痛みを感じたりします。痛みが移ったと言う方がいますが、からだのしくみは、痛みを同時に何か所も感じないようにできているので、一番つらいところに意識が向くようになっています。一番つらい所が楽になると、隠れていた痛みを気がつくことができるようになっただけなのです。
そして、よくなってくると、忘れてしまうのです。つらかった時のこと。
「Sさん、うちに来た頃は、腰が痛かったのに、今はすっかりよくなりましたね」「そうでした。もう腰は痛くないですね」
長年の腰痛もなく、ゆがみもかなり改善されてきましたし、もっとよくなりたい!そういう前向きな気持ちの表れです。素晴らしいですね。

なんとも辛い腰痛

2010.09.23.14:03

座っていても、立っているのも、歩くのも、何か動作をしただけでも腰が痛くて、何もできないという感じで産後3カ月の女性が来院されました。
誰にでも、とにかく早くこの痛みから解放されたい、このつらさをなんとかして欲しいという時がありますね。
早く楽な姿勢にしてもらい施術したいと思いました。
なんとか仰向け、うつぶせができそうなので少し安心しました。
姿勢を診ると体は左に曲げた状態になってかなり、不自然に左に傾いていました。このままの姿勢は体にとって非常にバランスが悪いため、さらに悪化させてしまいます。まず、左の腰、股関節の筋肉が硬くなっていたのでゆるめました。施術終了時には、来た時より痛みが減り、まっすぐ立っていられる状態にまでになりました。
本人もホットしたようで、やっと笑顔になれました
2日後に2回目の来院でした。前回の時より動きがスムーズで、『痛みも少し減り動かしやすくなった』と喜んでいらっしゃいました。
骨盤のゆがみをとり骨盤まわりの硬くなった筋肉を緩めていきました。すると、『来た時よりさらに楽になった』と順調な回復ぶりをみせてもらいました。
後で話してくれたのですが、実は出産1カ月前に入院して寝たきりだったらしいのです。寝てばかりで、腰、骨盤まわり、脚に筋肉が弱っていたところに、退院後に育児をして、弱った筋肉に筋肉疲労が重なったことが腰痛の原因と考えられます。

膝が痛いのは、運動不足

2010.09.20.11:36

10代~20代運動をずっとしてきた私ですが、30代は運動は全くしませんでした。
40代になって、ある日膝に痛みを感じるようになりました。
これは、脚が細くなってきているので筋力低下に原因があると思い、春から休みの日には軽いジョギングを20分程度しています。約4カ月続けてだいぶ筋肉がつき、膝は楽になってきました。

ジョギングには、自信があった私ですが、最初は10分もたたないうちに、息はあがり、足はだるくなっていました。若いころと違って、なかなか筋力はつきません。維持するだけで精一杯というところです。
先日、10年ぶりに体育館にトレーニングに行ってみました。
新しいトレーニング器具が充実しており、幅広い年齢の方がたくさん来ていて、驚きました。
多くの方が、ランニングマシーンを使っていましたが、私は、主に下半身を鍛えるマシーン中心にトレーニングしてきました。
その中で、一台とても気に入ったのは、骨盤の周りの筋肉を鍛えるのに適したマシーンです。
腰と股関節を繋ぐ筋力(二本足で立って姿勢を維持する)で重要な大腰筋をばっちり鍛えました。
触れて分かるような筋肉ばかりに目が行きがちですが、大事なのは、体幹(背骨や骨盤周り)の筋力を鍛えるのが、ダイエットや体力維持に効果的です。
中心部の筋肉を鍛えて、けがの予防、姿勢の維持になります。

トレーニングを続け、また報告します。

季節の変わり目に注意

2010.09.16.08:47

今年は全国的に暑い夏でしたね。北海道も本州に負けないくらい、暑かったのではないでしょうか?
でも、やっと朝晩の冷え込みが感じられる時期になりましたね。
私もつい、ちょっと前までタオルケットかけて、窓を開けて寝ていましたが、今では毛布にくるまって寝ています。
長かった暑さによって疲れた体に、急な冷えが加わり体調の変化があらわれやすくなります。
特に体質的に弱いところが、病気となってあらわれやすいので、体を休める十分な睡眠が大切になります。

ぎっくり腰をよくやる人は、午前中はなるべく、急に体を曲げたり、そらしてり、ひねったり、また無理な姿勢、強いストレッチ体操はしないようにしましょう。

人間の体は精神的、肉体的に疲れていると血行が悪くなり、それに伴い筋肉が硬くなります。
ぎっくり腰は、背中、腰、足まわりの筋肉が硬くなっている時に、急に筋肉が伸ばされることによって起こります。
急に激痛が襲ってくるように感じるかもしれませんが、実は筋疲労の蓄積が原因であることが多いのです。
特に朝は、体が温まっていないで、筋肉が硬くなっているので、要注意です。
経験のある方であれば、思いあたるふしがありませんか?
疲れが溜まった体は、自分だけではどうしようもない場合があります。

疲労回復に今日からすぐにできることもあります。例えば、疲れた日には、普段シャワー派の人もゆっくりお風呂に入って、心と体を癒してみては、いかがでしょうか?

ここで問題解決!回復健康会

2010.09.13.16:28

12日日曜日は、月に一度の回復健康会でした。
今回の参加者の方に、10年前から左の肩から腕にかけて痛みがあり、病院に行っても湿布だけなので、指圧に通ったり、マッサージ機を使ったりしていて、何かいい方法はないものかと探していたんだ、という60代男性の方がいらっしゃいました。これから先どうすればよくなるのかわからない様子でした。

この健康会に来られる方は、必ず自分がここに来るまでの物語(過去の経験)などをお話してくれます。それだけ、そういうことを話したり相談する機会がないことがよくわかります。

痛みは左にあるけれど、日常生活は、右手をよく使っているということでした。原因があって、痛みが出るという体の仕組みを知ってもらい、実際に姿勢のチェックをしてみると、右の肩から背中にかけて筋肉のハリがありました。右の筋肉が縮んだために背骨が右に引っ張られてしまい、左側に症状が現れるということがよくあります。

枕を使った回復体操を行ってもらうと姿勢の改善がみられました。

回復健康会は、枕を使って体操するだけの健康会です。整体など受けたことがなく心配な方は、この枕を使う体操に参加されてはいかがでしょうか。
無料で行っております。詳しくはHPでご確認ください。

左肩から腕~指先かけてのシビレ

2010.09.07.15:32

今回の患者さんは、40代男性Tさん。左肩から腕、指先までのシビレの症状です。
デスクワークの仕事の方が多くなりやすい症状です。当院の患者さんにも年々増えてきています。パソコンを使うことが招く現代病と言っているお医者さんもいらっしゃいます。

症状と姿勢の関係を知ってもらうため、壁に背中をつけて写真を撮ります。Tさんは、カメラに写された自分の姿勢を見て、『前かがみですね』と言われました。
施術を受ける前と後では、感覚でも視覚でも確認することができるので、理解してもらいやすいですね。

車の運転の時、シートベルトをすると腕がどんどんシビレてくるというお話があったので、それがなくなったら回復してきたってわかる目安になりますねとお話もしました。

このTさんは首、胸、腕の付け根あたりの筋肉が縮こまって硬くなっていました。
顔を前に出した、背中をまるめた猫背になっていました。施術によって姿勢が良くなると、症状に変化が現れました。

3回目の来院の時、シートベルトをしてもシビレがなくなったこと、寝返りを打って朝起きた時に左が下になっていても痛くないこと、足も組まなくなっていることなど、色々回復してきた様子でした。
Tさんは「う~ん・・・不思議だ~」と何度も首をかしげていました。

頭痛がつらい

2010.09.03.19:03

肩コリ、首のコリから頭痛がして、上を向けないという30代の女性Tさんが来院されました。

2ヶ月前に左腕があがらなくなって、病院に行き、MRIとレントゲンを撮って、軽いヘルニアと診断を受け、牽引治療。その後は整骨院で電気やマッサージなどを受けていたそうです。

この方には、小さな女の子がいらっしゃいます。私も育児の時、右肩を後ろに回せなくなった経験があったので、寝るときに姿勢などお聞きしました。
痛くなった左側をしていることと、寝返りが打てないと教えてくれました。(。´Д⊂) ウワァァァン!

育児の最中のお母さんたちは、とても体に負担があります。それでも可愛い子供のためには、つらくても我慢しちゃうものなのです。がんばれちゃうんですよ。

Tさんは、職場が変わったこと、保育園にお子さんが通っているので車通勤になったことなど、環境、生活の変化など色々話して下さいました。

初回  体のゆがみをとることで、姿勢がかなりよくなり、上を向けるようになっていました。
2回目 痛くてできなかった動作ができるようになっていて手法がかけられる。
3回目 前回よりもさらに可動域が広がる。

Tさんの回復力の早さにびっくり感激しました ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ

「前の手技の時は、すぐ戻ってしまったけど、今受けているのって、揺らしたりしているだけなのに、こんなに楽になってすごいですね。」って言って下さり、嬉しかったです。

本当素直な方は、回復力が早いのがわかりました。
プロフィール

長岡 一見

Author:長岡 一見
出身地:山口県岩国市玖珂町 
昭和43年9月生まれ
北海道江別市在住 
趣味:山登り、釣り、読書、昭和を感じるモノ
 
子供の頃から生き物を飼う、育てることが好き。将来は動物と関わりのある仕事に就きたく酪農学園大学に入学を決める

西山製麺会社を9年勤めて退職
自分の腰痛が整体で良くなったのをきっかけにこの道を選ぶ 
日本カイロプラクティックドクター専門学院卒業
在学中に札幌市手稲区内の治療院に就職
2005年手稲区にカイロプラクティック治療院のクローバーハウスを開業
2010年回復整体の先生の本に出会う
『これだ!!自分の探していた療術!』
と直感的に感じ、
2010年春『日本回復整体総合学院に入学
非常にソフトな施術で短時間なのに、即効性あり、
今まで通って来ていた患者さんからも高評価を得る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。