スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手稲区 整体 フラフラする

2016.07.02.18:13

「体がフラフラします」
「立っている、歩くとフラフラするから家で横になってばかり
で何もする気になれない」

と悩んで80代の女性が来院されました。

体がふらふらする原因はいくつか考えられます

①運動麻痺や筋力低下
②小脳の問題
③脊髄や末梢神経障害によるもの
③耳の問題で前庭機能障害
④起立性低血圧
⑤不整脈による脳循環不全
⑥低血糖

専門の医療機関で詳しく検査する必要があります。

色々と診てもらったけれどはっきりとした原因が分からない

ということもあります。

当院に来院された方もそのような理由でした。

私がフラフラの原因ではないかと目をつけたのは

首です。

体のゆがみを検査すると特に

首(頚椎)に大きなゆがみがあったのです。

首の施術後は体のフラフラがおさまった

と喜んでいらっしゃいました。




スポンサーサイト

手稲区 整体 関節痛

2016.05.31.17:29

5月は暖かく穏やかな日が多かったですね。
今晩から低気圧が接近して雨、風が強くなるようですね。
雨が降る前に関節が痛くなったり、頭痛、体調不良になる方はいませんか?
これは低気圧が原因です。

低気圧というのは大気中の酸素が少ない状態です。
低気圧の接近で不調を感じる方は敏感な方だと思います。

大気中の酸素が奪われると副交感神経が優位になって
血管が拡張、血圧が下がったり、脈が減って(徐脈)くるからです。

過敏な方はリラックスが過剰になって体がだるくなって
思うように動かなくなります。

でも別に病気ではないので心配しなくても
大丈夫です。

さぼっていてしばらくぶりに書きました(笑)
がんばって再開します。



手稲区 整体 膝の痛み②

2016.03.06.12:52

前回の続き

④膝の下が痛い
 痛い方の膝下の骨(脛骨・腓骨)を「の」の字を書くように外へひねります。
 強くひねらないようにしましょう。
 3呼吸で3回しましょう。
 次に太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を30回やさしくさすりましょう。
 さする時に筋肉ふれるのは(第一、二関節)指先あたりです。
 時間をあけて何回かにわけて行いましょう。

⑤膝の表側が痛い
 イスに座って痛い方の太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を
 30回やさしくさすりましょう。
 さする時に筋肉ふれるのは手でなく、指先あたりです。
 次に床に座って膝を伸ばし痛い方の膝の少し上あたりの筋肉
 を両手ですくうように挟んで持ち上げて3呼吸したら離します。
 時間をあけて何回かに分けておこないましょう。

⑥膝の裏側が痛い
 立ったままで膝をのばして太ももの裏の筋肉(ハムストリング)
 を30回やさしくさすりましょう。
 次にイスに座り両手で太ももの裏(膝に近い方)に手をまわします。
 手を回すと太ももの裏の両側に筋のように硬いものにふれると
 思います。それを軽くにぎり(手のひらは太ももの上を挟むような感じになります)
 膝の曲げ伸ばしを10回行います。
 時間をあけて何回かにわけておこないましょう。
 

手稲区 整体 膝の痛み解消法

2016.03.02.17:51

前回の膝の痛みのつづき

①膝の内側が痛い時の改善方法
 床に座り膝を曲げます。
 その状態で太ももを外側に軽くひねります。
 行う時間は3呼吸。回数は3回。
 強くひねらないようにしましょう。
 次に膝からしたも同様に外に軽くひねります。
 3呼吸で3回行います。
 30分以上間隔をあければ何回やってもOK。

②膝の外側が痛い時の改善方法
 この方法はシンプルです。
 立ったままでも、座ったままでもいいでしょう。
 わき腹のあたりから骨盤の横、太もも横、
 膝の横までゆっくり優しくさすります
 回数は30回。
 30分以上間隔をあけてやりましょう。

③膝の上が痛い時の改善方法
 ②と同じようにさすります。
 今度は太ももの前です。
 さする範囲は骨盤(お腹の横)から膝の上まで。
 回数は30回。
 30分以上あけてやりましょう。
 
次回続きます
 

手稲区 整体 膝の痛みの原因

2016.02.29.12:44

今回は膝の痛みについてのお話です。

当院でも膝の痛みと訴えて来院される方は
高齢者が多いです。

しかし、日常生活に困らないような
・それほど痛くないとか
・病院にに行くほどひどくないが、気になる
・違和感がある
・ぎくしゃくする
・動きはじめが何となく変だ

と訴える方は10~50代まで年齢を問わずかなり多いです。

そこで今回は膝の痛みの原因についてざっくり
お話してみようと思います。

①膝の内側が痛い
膝のお皿が内に向いているO脚によるものが多いです。
股関節が内旋して歩く時の中心部分が内側になるため、
膝内側部分の関節が変形し痛みが発生します。

②膝の外側が痛い
運動や膝の疲労からくるものが多い傾向にあります。
外側広筋の疲労や大腿筋膜脹筋や周囲の靭帯、
外側半月板の損傷などで痛みが発生します。
腓骨が下方や後方にずれる等でも痛くなることがあります。

③膝の上側が痛い
膝そのものより膝より上の部位に問題があることが考えられます。
股関節や骨盤と膝を繋ぐ筋肉に負担がかかると膝が痛みます。

④膝の下側が痛い
足首の関節のゆがみですねの骨の位置がズレて痛みが生じたり、
小学生高学年、中学生のスポーツをする子供に
膝下の脛骨粗面に腫れが起こる痛み(オスグット)が多いです。

⑤膝の表側が痛い
膝の前の筋肉に問題があることが考えられます。
筋肉が短縮したままの状態だと膝の屈伸が
思うようにいかず皿に負担がかかり、炎症を起こし痛みが発生します。

⑥膝の裏側が痛い
ハムストリングや腓腹筋が疲労しているか、
膝が反り返る反張膝になっていることが考えられます。

次回は膝が痛い時
自分でなんとか一時しのぎ程度ですが
痛みを和らげる方法についてです。


プロフィール

長岡 一見

Author:長岡 一見
出身地:山口県岩国市玖珂町 
昭和43年9月生まれ
北海道江別市在住 
趣味:山登り、釣り、読書、昭和を感じるモノ
 
子供の頃から生き物を飼う、育てることが好き。将来は動物と関わりのある仕事に就きたく酪農学園大学に入学を決める

西山製麺会社を9年勤めて退職
自分の腰痛が整体で良くなったのをきっかけにこの道を選ぶ 
日本カイロプラクティックドクター専門学院卒業
在学中に札幌市手稲区内の治療院に就職
2005年手稲区にカイロプラクティック治療院のクローバーハウスを開業
2010年回復整体の先生の本に出会う
『これだ!!自分の探していた療術!』
と直感的に感じ、
2010年春『日本回復整体総合学院に入学
非常にソフトな施術で短時間なのに、即効性あり、
今まで通って来ていた患者さんからも高評価を得る。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。